いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の介護
母を介護する父にとって、自分で立つのも無理になった母を、
ベッドから起こしてあげたり、毎日の食事やトイレ・入浴の世話など休む事無く大変で、
父の身体にも変化が出てきました。


父が用事がある日は、私が母を見ていましたが、
楽しみにしていた弓の練習も、腰が痛くて、弓を引けないからと、休むようになりました。
先日までは私でも母をベッドから起こして、ポータブルトイレに座らせたり、
お風呂に一緒にはいれることも出来ていたのに、
母がまた転倒してからは母を抱き上げることが出来なくなって、
父が母の全体重を自分の身体に傾けさせて用を足してくれます。
食事も味噌汁やスープ・果物と母が食べれるものをと考えています。


父はお風呂も、夜に入れてあげたいからと入浴サービスを頼むこともしませんでしたが、
母を風呂場まで連れて行くのも無理になり頼むことになりました。


ケアサービスにお願いすることが一つ増えたということは、
母の急激な衰えを感じ寂しい思いですが、
介護を一人や家族だけで抱え込むことは出来ず、
母の容態やその家族に合った福祉サービスを
お願いすることも必要なことだと思います。



私が、帰るとき
「お母さん、帰るわね。また来るわね」と言うと、
母は、
「どうして、帰るの?」
「いつ来るの?」
その時が夜であっても「今日の夜来るの?」
「泊まるの?」
「今度は誰が来るの?」


と、誰かが母の傍へ来ることをとっても楽しみにしています。
子供が・嫁が・孫が・ひ孫が、何度も父母に会いに行ってあげることが、
父の労をねぎらい、母の心の安らぎになる、
一番の贈り物なのだと、
母の繰り返す言葉で感じています。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobeanzan.blog116.fc2.com/tb.php/872-21a4f00c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。