FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
新年度の始まりに
たいが君「遅くなりました」と教室に入る時に元気よく声をかけてくれました。
時間通りに来てくれている彼に「大丈夫よ」と言うと、
「今日は、電車の線に何かが引かかったって、電車が少し遅れました」と話してくれる。

新年度が始まり
高校という新しい環境がスタートした彼
ワイシャツを着て、ネクタイを締め紺のブレザーの制服を着た姿がとても凛々しく感じます。
高校入学前には、新しい制服が来たことを教えてくれ、
「新しい環境になれるのかなあと、ちょっと不安もあります。でも、
僕はそろばんが出来るから、そろばんをみんなに教えてあげれたらいいなと思います」
と不安と期待の入り混じった気持ちを話してくれました。
私は、そろばんを習っていてそんな思いを持ってくれたんだと嬉しい思いでした。

入学前には「お父さんにネクタイの締め方を教えてもらっています」と、
入学式の朝、きっとお父さんに見守られながら、自分でネクタイを締めたのでしょう。
自分で嬉しそうにぎこちなくネクタイを締める彼をちょっと手を添えてあげたそうなお父さん。
そんな情景が浮かびます。

子どもは親が知っている以上に、様々なことを体験し・感じ・学び・経験し、
成長とともに、子供の出来ることが増え、親が手を添えてあげることも少なりなり、
親として喜びと一抹の寂しさも感じているのではないでしょうか?

授業が終わり帰る時には、
「先生、(ネクタイを締めてブレザーの)制服を着ていたら、なんかサラリーマンになった気分です。」
と話してくれる明るい表情、笑顔を向けてくれる彼に、こちらまで元気を与えてもらい笑顔になっています。

「笑顔を向ければ、笑顔が返ってくる。」


いつも彼に教えて頂いています。

たいが君ありがとう。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobeanzan.blog116.fc2.com/tb.php/2186-b7130552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR