FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
卒業式
3月22日(金)西灘小学校、第132回卒業式に出席させていただきました。

舞台から進み出て講堂の真ん中に立った子供たちが、一人ひとりそれぞれの目標を語る、
「私は保育士になります」「僕はプロサッカー選手になって親孝行をします」
「私はフラワーアレンジメントのデザイナーになります」「ボランティアでみんなの応援をします」
「バレー選手」「今まで育て応援してくれたお父さん、お母さんに感謝です」
「漫画でみんなを笑顔にします」「野球選手」「外科医」
「建築家になって震災にも負けない家を建てる」………。

一人ひとり大きな声ではっきりと保護者席のお父さんお母さんを見つめて語るその姿は
堂々として心に響く言葉の連続でした。
保護者の方、先生方は様々な思いがよぎったことでしょう。

みんなで心をひとつにして歌う合唱は、
その間に語り掛ける入学の1年から卒業を間近にした思い出の言葉。 


そしてランドセルを背負って学校の門をくぐった子供たちの成長を
1年一年の歩みを宝のように話してくださった会長さんの

「親は子供たちが大好きだから、

 つい先回りして言葉をかけてしまう。

 でもこれからは自分で考え行動する人になってください。

 でも、それはすべて一人で解決しなさいということではなく、

 保護者の人たち先生、地域の人たちが力を貸してくれます」


との挨拶は、

子供たちの明るい未来を願って語り掛けているものだと感じました。


校長先生の
「頑張れの言葉は、誰かがあなたを思っているということ。
 頑張る友達を応援し助け認め合い、
 一人ではなくみんなの力で生き生かされるいることを感じてほしい。
 そして命を大切にしてほしい」とのご挨拶を頂き、涙する子もいました。


 子供たちは6年間の思い出を胸に卒業していきました。


式典後は運動場で列になった保護者の間を、
先生を先頭にランドセルを背負った卒業生が通り抜けましたが、
たくさんのメッセージを書き込んだランドセルを背負った子もおり、

すべてが素晴らしく見事な卒業式でした。


全ての卒業される皆さんへ、ご卒業、おめでとうございます。
そして、皆さんが大きく羽ばたいてくれることを願い、
心から大いなる拍手を送ります。
  

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobeanzan.blog116.fc2.com/tb.php/2176-123a5da6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR