FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
気付きが成長の元
段位選定珠算競技大会で晴美先生がこんな話をしてくださいました。

段協大会では、昔の選手の記録もすべて残しています。
何十年も前の大会で、
段位選定競技に参加した選手の答案の数字が汚いので全てバツにされました。
その選手は、自分が出来ていると思っていたものが、
全てバツにされたことが悔しくて
そろばんの練習と共に数字もきれいに書くように練習し、
その後の、競技会での答案はとても綺麗な字になっていました。
それと同時にレベルもぐんぐんと伸びていきました。
誰でも人に自分のダメことを言われるのは嫌なものですが、
人に言われたこと受け止める
「素直さ」
がそのひとの成長であり上達への道でもあります。
とのことでした。

珠算の計算力は速度だけでなく
弾きの正確さ、
字の正確さ(美しさ)
と色々な要素が絡まって正解に結びつきます。

この選手の場合、
数字の汚さを教室で注意されていなかったのか。
注意されていても気軽な気持ちで聞いていて、
心に止めていなかったのでしょうか。
この「全てバツ」がなければ、
ずーと汚い字のままでいたかもしれません。、
それを競技会という大舞台でバツにされたことで、
強烈な気付きになり、
「字をきれいに書かねば」という気持ちになったのでしょう。

答をあわせるために一指一指間違わない弾きをする慎重さが必要ですが、
検定試験や競技会においても、
採点は他の人が判断するのですから
早くても綺麗な字を書かなければいけません。
姿勢を正し心を正し。
字を綺麗に書くと心にも余裕が出てきて、
そろばんの弾きも綺麗になりますよ。

「読み・書き・そろばん」
★「読む」とは相手の伝えたいことを正確に読み取ること
★「書く」とは自分の伝えたいことを正確に表現すること
★「そろばん」とは数字をきちんと把握し、正確な答えを出すこと

★「採点」とは日頃から相手の人に「採点して頂く」という気持ちを持って
     誰が見ても分かる数字を書くことです。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobeanzan.blog116.fc2.com/tb.php/2128-ee763b90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR