FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
ヘルプとサポート
「教えすぎない」ということで、

金本先生の「ヘルプとサポート」の話があります。

魚を釣ってあげるのがヘルプ。
魚の釣り方を教えてあげるのがサポート。
手取り足とり教えていると、
100回教えても自分で考えることをしない。
自分で考えさすと、1回2回子供が考えて、
3回目には自分でできるようになる。
サポートは子供の生きる力を養うが、
現在は、社会のヘルプ化が進み、
ヘルプすることを我慢できない親がいる。

上の子が出来る子で、下の子が出来なかったら、
「こんなことではなかった」と思う。
人と比べることの何と無意味なこと。
そろばんは一回だけ指を動かすのを間違っても(×)間違いになる。
そろばんの持つ教育性は、点数だけでは見られない、
ちょっとした挫折感と充実感にあり、
これを何度も感じられるのがそろばんであり、
人より早くできたのが勝ち組、人より遅かったら負け組ではなく、
子供がサポートを受け努力することで、
自分で生きていく力を育て、
自分の中で正しく物事を処理できる子供達を育てるために、
親は待ってあげることが大切である。



2010年7月19日のブログ
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobeanzan.blog116.fc2.com/tb.php/2105-8869a419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR