FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
指で導く
K先生が語ってくださいました。

「指導」って「指で導く」って字になっていますね。
人差し指は「人を導く指」。
この指を使って子供達はそろばんを練習しています。
「人を導く」ことは、
子供が自分で考え行動できる力を導き出してあげることで、
先生が一から十まで教えると、先生も沢山教えたような気がし、
子供たちも分かったような気がします。が、
先生が離れるとできなくなってしまう。

自分の意思で練習を重ね、問題を解き、
「自分でやってみた」「何ども繰り返し」「わっかた!!」となると、
子供は大きな喜びを感じることができ、
喜びは子供に自信を付け意欲を高めます。
私は、教えすぎないように心がけ、
子供たちが「自分の力でやってみよう」
という気持ちがおこるように手助けをし、
練習して帰るときに
「今日は良かった」「得るものがあった」と
思えるように導き、方向を指し示すサポートをしていきたい。

と思います。

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobeanzan.blog116.fc2.com/tb.php/2104-0693fad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR