FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
おてんばな思い出
おてんばな私は、
月光仮面がテレビではやったとき、
風呂敷をマントにして、壁に登って
「月光仮面だあ」と言って、塀から飛び降り、
駆けずり回っていました。
その頃は舗装されている道は少なく、
雨が降れば、水たまりができぬかるむ土でした。
土の道だから、塀から飛び降りても大丈夫だったのでしょう。

そんなぬかるみも、雨降りには長靴でピチャピチャと入っていき、
飛び散る露、ぬかるみの水の輪の広がりを見るのも愉しいものでした。

いちじくを取りに木に登り、おじちゃんに怒鳴らたことも、
言葉は怒鳴っているのですが、
おじちゃんの表情は「怪我せんようにな」「気をつけや」と
言ってくれているように優しかったのを覚えています。

こうして、昔は
よそのおじちゃんも、おばちゃんも、
よその子が悪いこと、危ないことをしたら怒り、
よその子の喜びは一緒に喜び、大げさに褒め、
子供たちは大人の目を身近に感じ、
見守ってくれていることを感じていたのです。



スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobeanzan.blog116.fc2.com/tb.php/2095-f7662d35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR