FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
とびばこ6級
珠算6級は、わる桁が7級までの一桁から、
÷2桁になり習得するのに時間がかかります。
特に低学年の子には難しいようで、
今迄はやる気が満ちて楽しく練習していた子も、
「わり算がなかなか覚えられない」と、
少々気持ちが萎えてしまうときもあります。
そばで、見ている保護者の方も同じ気持ちでしょう。
珠算6級、
特にわり算はこれから進む上での大切な基礎となるものですが、
誰もがすんなりとは飛ぶことが出来ない跳び箱でもあります。

私が子供の頃、跳び箱のところまで走りたいのに、
走れないで足踏みしていて、
「何でできないの」「早く飛びなさい」と言われたら、
余計に足がすくんでしまっていました。
そんな事を何ども繰り返し、
「大丈夫、できるよ」と、言われたら、
走っていけるようになり、
走っていって、跳び箱の前でつまづいても、
「あら、すごい、跳び箱のところまで走れたね」
と先生に声をかけてもらうと、
今度は飛べそうな気がしてきたものです。


神戸あんざんアカデミーでは、
6級に入る前に基礎の問題をしています。
家では、その出来ているところを、
何回も練習してください。
お子さんの練習している姿に
「あら、よく頑張ってるね」と
同じ問題を自然に指が動くようになったら、
「できたね」「すごいね」と褒めてあげてください。

「出来たね」「頑張ったじゃない」と言ってあげると、
子供自身も「難しいと思っていた問題ができた!」「分かった」
そして、「次もできる」という気持ちになり、
親子共々喜びを分かちあえます。


スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobeanzan.blog116.fc2.com/tb.php/2089-1b1d6527
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR