FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
今日は心をみつめる日
「今日は心をみつめる日」 衛藤信之著 サンマーク出版

「心の」捜し物を見つけ出すように、
あの場所(ページ)この場所(ページ)へと探していると、
今を見つめる、糧となるような言葉が
沢山、本という場所に散りばめられていました。

★失敗しないと近づいてこない成功がある。
親は手をださず「見守る」、
子供が失敗するのは彼らの特権であり、
成長するために失敗する権利がある
親が先回りして何でもやってしまう。
裏を返せば子供を信用していないということになる。
教育とは、草花を育てるように手間と時間がかかる。
子供にたっぷりと肥料を与えるべき時期もあれば、
じっと「成長」を待つ時間も必要。

★自分の歩幅で歩く人が。いちばん遠くまで歩く。
サザエさん一家のように、
つつましながらも家族で食卓を囲み
幸福の深さを感じられる人でありたい。

★会社へ行って、お客さんに頭を下げ、
上司に文句を言われ、
それでも愚痴を胸におさめて笑顔をつくり、
泣きたくなる夜も歯を食いしばって、
明日のために目ざまし時計をセットする。
お母さんは、毎朝毎晩、家族のためにご飯をつくり、
来る日も来る日も掃除、洗濯を繰り返して、
家族の健康と子供の成長を夢見ている。
社会から評価されるわけでもない。
私が本当に凄いと思い、
かなわないと感じるのはそういう人なのです。

★「セルフ・ラブ」
自分を愛するためには、晴れの日も曇りの日もある
不完全な部分も、自分の一部として受け入れる。

★インディアンの心の豊かさ
お年寄りと子供は、成人世代の過去と未来をつなぐ存在であり、
過去(お年寄り)と未来(子供)をつなぐサポーターや奉仕者です。
「人間は生まれてくるとき苦しくて大泣きするが、
周りの人達は新しい命を笑顔で迎え。
正しい死に方とはその逆で、
本人は満ち足りた心で笑顔で死んでいくが、
まわりの人はその人を惜しんで泣く」

「いのちは大いなる地球(大地)からの借り物」
借り物なら、死はその最終的な返済期限、返すときには、
図書館から借りた本を最後の一行まで読み味わうように、
持てる能力を全部使い切ってから返さなくてはならない。

「心をみつめる」言葉が
ページを開くたびに語りかけてくれ、
日向ぼっこをしているように感じながら読みました。


読書とは、ページを開くたびに、私に語りかけてくれる、
人生の道しるべ
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobeanzan.blog116.fc2.com/tb.php/2075-9f47a056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR