FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
下町ロケット
池井戸潤さんの下町ロケット

元ロケットエンジンの研究者だった佃航平が親の町工場を継ぎ、
中小企業の社長となって、企業と銀行・中小企業と大企業の駆け引き、
働く人々の苦悩や葛藤・家族との関係に苦悩しながら、
倒産の危機を抱えた資金繰り・特許訴訟問題・
社内の融和と次から次へと起こる困難を、
乗り越えていく姿が描かれています。

企業内の事、銀行内の事、人々の心象、ロケットやエンジンの描写は、
著者が全てを経験したかのようにリアルに詳細に書かれてあり、
次の展開がどうなるのだろうと、グイグイと引き込まれました。

どんな困難にも決して諦めない佃耕平、
自分の夢も会社も守るという諦めない思いが、
従業員の心底の思いを引き出し、佃を支える力となる。

「下町ロケット」を読んで、
池井戸潤さんの人間性にも触れたような気がしました。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobeanzan.blog116.fc2.com/tb.php/2060-539e72f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR