FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
考える癖をつけさせる教育方法
19年3月の「いちばん星」で掲載しました、近畿大学の同窓生の方で、
耳が不自由ですが、大学院に進み学んでおられる方からメールを頂きました。

「叶さま

こんにちは。定期的にそろばんのプログを見ております。
そろばんのやり方だけでなく、道徳、忍耐等の育成する
ことができ、全学校でも見習って欲しいと実感しております。

私はコンピュータ専門として、心配なことは「算数・計算が苦手」
と叫ぶ子供達がいるみたいのようで、これはコンピュータのせい
ではなく、考え方が間違っていることや忍耐不足、両親のしつけ
不足などの何らかの原因があると思います。

電卓やパソコンは初心者でも使えるように開発してある
だけで、仕上がる為にプログラム開発するのを非常に苦労していた
と思います。

コンピュータ専門(エンジニア)の世界では数学の計算が非常に多く、
数学苦手であればコンピュータ専門の仕事は不可能と言っていい
ほどです。大学院授業内容はほとんど数学や物理ばかりです。

電卓やパソコンを使って結果表示できたら終わりという
考え方ではなく、結果(答え)が出ているけど、どうやって計算を
したかという考える癖をつけさせる教育方法があればいいですね。」


KY様、貴重なご意見ありがとうございます。
コンピュターは今や情報を瞬時に入手・発信でき、
ビジネスや生活の場面で活かされています。
コンピュターは人間の叡智を注いで作ったものであり、
情報を作っているのも、操作するのも人間です。
(近大では高速・高機能のコンピュターが開発されましたね)
豊富な情報量の中で、自分の考えを持ち、
人の意見も尊重し正しい選択をする判断力を持つことが必要になってきています。

「電卓やコンピュターを使って結果表示できたら終わりという
考え方ではなく、結果(答え)が出ているけど、どうやって計算を
したかという考える癖をつけさせる教育方法があればいいですね。」

そうですね、変化の早い社会ですが、大切なのは基礎をしっかりと学び、
「やわらか頭」で、それを使いこなし、自分の頭で過程を導き、
考えることの出来る能力を付けることですね。
さえこ

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobeanzan.blog116.fc2.com/tb.php/19-038a88cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR