FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
みんなの成長を願って
注意するのも怒り口調・しかめっ面で注意されると緊張してしまいますが、
笑顔でやさしく注意されると受け入れやすいものです。

教室では、姿勢が気になる子がいた時は、
「みんな、凄くキレイな姿勢!」
この一言で、みんな姿勢をピット正してくれます。
それでも崩れたら
「AちゃんもK君もBさんもきれいな姿勢。姿勢を忘れたら、
 キレイな姿勢の子を見てね。」
お喋り、よそ見がある子も
「みんな、一生懸命してくれて有難うね。」
【ほめる言葉の注意】
それで全員の子が注意を受け入れてくれます。

子供達は私の笑顔の注意
【ほめる言葉】のところで、きちんと聞いてくれますし、
子供は先生に強く注意されたら多少なりともダメージを
受けるものと思いますし、
きつい言葉で言うのも怒るのも怒鳴るのも心が痛みますし、
「怒る」「怒鳴る」ということは滅多にありません。
でも、
何度も注意をしても聞かないとき、私は「怒り」「怒鳴り」ます。

笑顔で注意していた先生の、その表情・言葉に子供達は驚き、
さすがに何度も注意を受けた子もきちんとしてくれるようになります。
こういう注意はその場だけで終わり
「それでは、時間を図ります」と、いつもの様に授業を始めます。
しかし、
心身共に成長過程にある時の心の揺らぎでしょうか。
ここ何日か先生が注意を繰り返し、その子達とじっくりと話をしても、
また、次の日も同じ注意を受ける生徒がいましたので、
今日は始めの時間を借りて、生徒全員に話しました。

「仲良しのお友達がいることはとても嬉しいことです。
 そういう友達を大人になっても大切にして欲しいと思います。
 良い方向へ一緒に向かおうとするのがお友達です。
 練習中にお喋りするのが仲良しではありません。
 ここへ来ている子はみんな、
 お父さんやお母さん(保護者の方)が一生懸命働いたお金で来ているのです。
 天から降ってきたお金や拾ったお金ではありません。
 勉強だけ出来たら良いと思っているお母さんお父さんはいません。
 みんなが素直で明るく優しく、努力する子に育って欲しいと思っています。
 先生もそうです。そういう大切な気持ちやお金を無駄にはしたくないです。
 先生は、みんなを上達させたいと思って教えています。
心も成長してほしいと思っています。
 ここにいるみんなも、もっと上手になりたいと思って一生懸命練習してくれています。
 誰かが上手になるのも、練習中はみんなが静かにしてくれるから、
 集中してしてくれているから、みんなの協力があるからです。
 怒られると、みんなも家に帰っても気分が悪いと思います。
 先生も「あゝ、あの子はこんな良いところがあるのに、褒めてあげられず、
 怒ってしまった。」とたまらなく悲しい気持ちになります。
 みんなで協力して、みんなでソロバンだけでなく人のことを思う気持ち、
 あなたが頑張る心も成長していってください。お願いしますね。」
 

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobeanzan.blog116.fc2.com/tb.php/1804-460a9669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR