FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
神戸海星女子学院大学公開講座
神戸海星女子学院大学において、
国際交流時代の『観光』と題して北川宗忠教授の講演がありました。

「観光」とは「国の光を観る」こと「国の光を示す」こと。

国内や外国のスポットのあたった名所旧跡の
「光を見る」『観光』だけでなく、、
その地に住む人が、地域の自然や風景を観・文化を知り、
その地に住むことに誇りを持つことができる
地域の「光を示す」こと。

「住んでよし、訪れてよしの国づくり」の観光立国の基本は、
人と人のふれあい、人と物の物と物の交流を図り、
地域が元気であることであること。


【地域の「光を示す」こと。】のお話に、


「観光都市」と呼ばれる「神戸」には、六甲山や神戸港・歴史的建造物等々
伝統敵な物には酒造、宝塚歌劇・小野のソロバンもあり、
神戸のことをもっとよく知り、地域の伝統や良さを「観」「示す」
ことも「観光」の大切なことだと感じました。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobeanzan.blog116.fc2.com/tb.php/1796-e1416b59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR