FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
願い
神戸あんざんアカデミーでの子供たちとの出会いは、体験学習から始まります。
子供達は初めてのソロバンで、先生に教えてもらってもすぐにはきちんとすることができません。
そんな子供の様子を見ていて、
保護者の方は「そうじゃないでしょ」「その指じゃないでしょ」と、
ついつい口が出て手が出てしまいそうになります。
  子供たちは、初めてのそろばん練習に小さな胸をドキドキさせながらも、
先生の言うことを心と耳を研ぎ澄まして聞いてくれ、自分で練習をしようとしてくれます。
最初は上手に指が動かなかったのが、練習を重ねるにつれ自分の力だけで正解すると、
子供達の心は喜びに満ち輝く笑顔を見せてくれます。
子供が戸惑っている時に、保護者の方が手を出し口を出してしまうと、
子供は「自分で出来た」という実感が持てません。
そこをグッと我慢して、黙って見守ってくださっていると、
子供と一緒に、何倍もの喜び感動を味わうことができるでしょう。

子どもの性格も成長も100人100様、
最初にグングン伸びる子。後からグンと伸びる子。
初めてのソロバンや進級後に、なかなかその子なりのペースで進めない時、
子供がなかなか家で練習しない時、口うるさく言うと、
励ましのつもりが、その言葉でさらにやる気を失くしてしまいます。
気持ちが緩む時は誰でもあります。
練習の成果が見えず止まっているように見える時は、
子供も苦しい気持ちを持っているのです。
そんな時こそ、良い所を見つけて褒めてあげてください。
そんな時こそ、その根に力を蓄えている時です。
そういった時の後に、大きな成長が見られたりします。
成長過程にある子供たちにとって必要なのはお母さん達の励ましや褒めの言葉。
そして、そろばんの上達だけでなく、
「頑張り・人への思いやり・優しさ・素直さ・言葉使いや姿勢・
字が以前よりキレイ・明るくなった……」
等々その子その子の成長を感じ、芽が出てくるのを見守って欲しいと思います。

私たちにできることは、子供たちの心に“小さな種”をまき、
その芽を出し葉を伸ばし、蕾をつけて人それぞれの花を咲かす。
お手助いをすること。
そして、
「よく努力するようになった」
「やさしくなった。」
「明るくなった」
「言葉使いや姿勢がよくなった」
「字が以前よりキレイ」等々、
少しでもそろばんを通じて成長してくれることが、
私たちの願いです。



スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobeanzan.blog116.fc2.com/tb.php/1789-1519638a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR