FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
地球の教育ドクター
2011年5月29日(日)
大雨、強風の中、貝塚産業会館で金本和祐先生の講演会がありました。
「子どもが答えるのが少し遅いと、お母さんは子供の言葉・行動を待てないで、
「そうじゃないでしょう」とか「こうするのでしょう」と、
子供のやる事を先回りして口を出してしまうと、
子供は自分で考えるということをしなくなり
親や先生に何か言われるまで、
何もできない指示待ち子供になってしまいます。」
お母さんは、子供に言いたい、してあげたい気持ちを
グッと我慢して子供を見守ることが大切です。

そろばんは、「計算力が付く」のはオマケで、
小さな挫折や達成感を味わいながら成長していきます。
20年・30年先に社会で自立して生きる人を育てる、
【地球の教育ドクターです】

と、3時間近くをユーモアを交えお話してくださました。
金本先生の子供たちに対する気持ちは常に、
【自分の子供なら・孫ならどうするか】という、
愛情に満ちた心だと感じ、

帰宅の道、未だ大雨も強風も続いていましたが、
家路につくと心が温かくなっていました。


大阪松本珠算会守口塾創立35周年として発刊された、
藤岡進先生著の「そろばん人生」
昭和58年3月20日に発行された本の中に、
若き金本青年のことが書かれてあります。

【金本和祐といった人は単なる一企業・一塾に属する
選手でもなければ大阪の選手でもない。
それは日本を代表する選手として、そのいく末を
出来るだけ援助もし、暖かく見守ってあげたいものである。
そうして、それらの人達がまた日本珠算界の土台ともなって、
次の世代を担うものがはぐくまれなければならないであろう】


藤岡先生の、「人を育てる」という強い信念と、ゆるぎない愛情は、
時代が流れ、若き金本先生に引き継がれ、人はつながっているのだと思いました。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobeanzan.blog116.fc2.com/tb.php/1775-af99bb0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR