FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
宝塚に笑顔の傘の花が咲いた
世界の子供たちの笑顔を「笑顔の傘」にして、「MERRY」を世界に繋ぐ、
アートディレクター水谷孝次氏による講演が宝塚メディア図書館でありました。

水谷さんはデザイナーになりたくて、
事務所のゴミを持ち帰って、捨てられた紙に描かれたデザイン、書かれたメモから学び、
寝る間も惜しんで働き学び、人の何倍もの努力で、東京AOC賞・ポスター広告電通賞などを受賞し、
ワコールやスウオッチ・サントリー等の広告をデザインする日本を代表するがデザイナーになりました。

しかし、全日空のポスターを依頼されたおりの、有名男優のギャラが2億数千万。
それも、男優が「終わり」と言って出ていく数分で撮影が終わり。
デザインによって、社会をより良くしたい、人の役に立ちたいと思ってこの道を選んだのに、
これが世の中の広告の作り方なのか、
こういう人生でいいのかと、虚しさの中で茫然となったとのこと。

ある日、以前に撮った、笑顔の子供たちの写真が整理していた書類の中から出てきた時に、
この笑顔が日本を世界の未来を明るくする。と新しい時代の空気を感じた。


貧富の差で人をわけない、世界の子供たちの笑顔はラフォーレミュジアム原宿・
北京オリンピックの開会式でも行われ、大きな反響を博しました。


著書「デザインが奇跡を起こす」の中に記された言葉。
情熱さえあれば、仕事は決して裏切らない。


これからの時代は、未来を担う子供達に、
明るさ・生・優しさを伝えるデザインが必要なのだと、
阪神淡路大震災・四川地震・バンダアチエ等々、
水谷さんの情熱と優しさの、「笑顔の傘」は
人・社会・地球を繋いでいます。

私は、日々子供たちと接し、この子供たちの笑顔を残したい。
そう想い続けていた時に、「情熱大陸」で拝見した「笑顔の傘」


水谷孝次さんの、愛情に満ちた壮大で優しい思いに、
心が共鳴しています。


★リンクさせていただいた写真の
 「笑顔の傘の花」の一輪に加えさせて頂きましたこと光栄な思いです。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobeanzan.blog116.fc2.com/tb.php/1661-afee758c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR