FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
アメリカからミニミニそろばん留学
「夏休みの一時帰国の折に、一ヶ月だけでも通わせたい
アメリカでは、学習塾のようなところで、そろばんを習っている」と、

みおと君が叶珠算会にこられた時、
「これが珠算指導者が指導したのかしら」と思うほど。
基本の基本が出来ていないこの子に、
僅か1っか月だけで、どれだけの力を付けさせることが出来るだろうか。
日本にいる間、そろばんを練習する際の姿勢、指使い、
基本の基本はきちんと身に付けさせたい。と思い、
先ずは、姿勢・指使いから正していきました。


いけないことを
「これはダメ、あれもダメ、」ではなく、
「姿勢がおじいちゃんになってるよ」の言葉で、
ピッと姿勢を正し、
「指はロボットになったらいけないよ。やわらかく優しく」と言うと、
やわらか指になる。
「いろんな指がニョキニョキでてきているよ」と言うと、
正しい指に直そうとしてくれる。

そんな言葉と、周りの子供達の様子を見、雰囲気を感じ、
みおとくんは、
1日・2日にして、そろばん練習に向かう正しい姿勢を、
自分で感じ取って、自分で正そうと心がけてくれます。


素直な、みおとくんの柔らか頭と心身は、
天空からの恵みの雨を大地に湛えるように、染み込んで、
かけ算を覚え、さらに割り算へと、
読上算・読上暗算も
「先生、〔ひいては〕って何ですか?」
「先生、〔くわえて〕って何ですか?」
と、質問しながら、トライしてくれます。


先生がこの子を思う気持ちに、
それに応えようとしてくれる、子ども達の心。


みおとくんの心身の大地に秘めた能力は、
指導者の熱意で、かける言葉のひとつで、
その大地から、
太陽に向かうひまわりのように芽を出しています。








スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobeanzan.blog116.fc2.com/tb.php/1485-1412777c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR