FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
試験を受けるということ
検定試験を受けるということは、もちろん合格することを目標とします。
しかし、それ以上に学ぶことが多くあります。

授業内容も試験2週間前程より、検定に向けての練習に入ります。
試験を受けるという1つの目標ができると、ふだん自ら練習しない生徒も、「合格したい」「合格するぞ」との思いを持ち、
「練習しよう」という意気込みを見せます。
この意気込みで、未だ、合格点に達していない生徒も、合格レベルまで上達していきます。
遅れないようにすることはもちろん、体調を崩さないようにすることも、大切です。
授業の中で受けた、数字の書き方や訂正の仕方、コンマや小数点の付け方も、注意をしなければなりません。
いつもと同じ様であるのに、試験となるといつもと違った感じで、先生が説明している時もドキドキ。
「よーいはじめ」で一斉にプリントをめくり、そろばんを弾くまでの短い間に、
幼い子であっても、「落ち着いて」「間違えないように」「確実に」「合格できますように」と一生懸命考え、
普段の授業中の先生の注意が頭の中をかけめぐっていることでしょう。
失敗する時もあります。例えば、鉛筆を落としてしまったり、わり算をかけ算でしてしまったり、頭が真っ白になってしまったり、隣の子のスピードの速さが気になって、自分が出来ていないように感じたり、
子供達は失敗で気付く事も多くあり、その気付きを大切に次に向けて進んでいく、
その積み重ねが、子ども達の成長の過程で必要なことであり大切なことだと思います。
「試験を受けるということ」は色々なことを学べるいい機会になっているのです。


スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobeanzan.blog116.fc2.com/tb.php/1407-05543104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR