FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
人生私流・松浦弥太郎さん?
松浦さんは、「暮らしの手帳」の編集者でもあり、
人に話したいと思うことは書いていこう。
今の暮らしに関心をもち、今よりちょっとでも良くしたい、チャレンジしたい。
と思った時に、人は大体うまくいかないことの方が多い。

上手くいかないときに、お金を出せば買える、
もう諦めてしまえばいいじゃないか、と考えるのでなく、

行動することで何かが変わってくる、その後の人生が変化する。


何か工夫をしたら、こんな道があるのだということに気付いて欲しい。


嫌なことがいっぱいあっても、
嫌なことがいっぱいたまると、
幸運と交換できるよ。

柴田祐規子アナウンサーの「これからどんなことをしたいですか」の質問に彼は、
「年をとってもいいから、もう一度学校へ行って勉強したい。
10代の時に学校をやめて社会に出たけれど、そのときに勉強することは、沢山あったと思う。
今、新聞を読んでも分からないことが多く、分からないものを分からないままにしていたら、気持ちが悪いので、日々の私達のくらしにかかわる経済を学びたい。
100人いたら100人のヒントとアイデアがあり、学び合うことがこれからの暮らしに大切なことであり、思 うようにならないことを工夫して、誰かと分かち合えたら幸せです。」と答えていました。  


人間らしさ、ユニークさ、人と違う変なところが一番面白かったり、楽しかったりし、仕事から離れたところで感動することがあり、遊んでいる人は発想が豊か、

人と違ってもいい、むしろ違うのが当たり前で、彼は彼の思う心が軽くなる生き方を、
「暮らしの手帳」に綴っていきたいと思います。

とおっとりと優しく人を包む込むような松浦さんのお話は、元バスケット選手、森下雄一郎さんの半生とも繋がるところであり、一つのことを一生懸命、楽しみながら続けていると、そこに人が集まり、アイデアが生まれ新しいことが生まれるのだよ。
さあ人生を楽しんで生きようと伝えてくれているのだと感じました。


松浦さんがいちばん心に残った本、「高村光太郎の詩集」は、優しさが感じられ私も好きな詩集です。


スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kobeanzan.blog116.fc2.com/tb.php/1093-78723e14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR