FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
現地へ行かなければ分からないこと。

IMG_0441_convert_20130601114835.jpg
IMG_0442_convert_20130601114930.jpg

2013年5月12日(日)車で、津波の被害のあった地域に連れて行っていただきました。
そこからは検問がなされてからしか入ることが出来ません。
そこでは日常の営みが出来る建物があるのに人の気配がなく、時折人を見かけるだけ。
2階の窓からお顔を出している男性は、
「決められたゴミ出しの日に合わせて家を片付けに来ている」とのこと。
車で少し行くと倒壊している家屋や、中のものが散乱したままになっている店、歪んだままの道路。
また少し行くと2年以上経った今も、津波で家屋が流されたあと雑草が生い茂るところに船が乗り上げていたり、流された車が何台も放置されていました。
セブンイレブンは6時~18時までの営業がやっと19時になったと、それでも、商品は棚の半分のみ。
がれきの撤去に道路の整備・地震・津波に加えて放射能問題の三重苦。
復興にはまだまだ時間が必要であると思いました。


あの日の私


南相馬の町を歩いていると、家の前の雑草を座り込んで掃除しているおばあさんに出会いました。
「その時は重い病気を抱えていて、病院も無く・薬も無く、
 毎日飲む薬を一日に一回とか何日かに分けてとかに飲んでいました。
 朝日出版から震災の経験の募集があったので、これは自慢ではないのですよ、
 この経験を伝えたいと思って娘と 一緒に応募したら、娘が優秀賞を頂いて、私が入選しました」
 と話してくださり、
「ちょっと待ってくださいね」と言いながらその本
 
あの日の私」を持ってきて、

 笑顔で私にくださいました。

会場の夢はっとの前には阪神淡路大震災1・17と東日本3・11の希望の灯りの塔が、
相馬馬追の馬の絵とともに記されていました。

集慈の塔


南相馬市原町区の“集慈の塔”に連れて行ってくださいました。
井本香如さんが地元の方々とともに、宗派を越えて全ての人が慈しみの心を寄せ合うことで、
復興への灯、新しい希望を見い出していこうという想いで始められたとのこと。

「東日本大震災による大震災・及び原発事故により失われし、
 尊きすべての命に捧ぐ。慈しみの心ここに集う」

と記された塔の周りには、
失われた方々の命、此処に訪れた方々の命を慈しむように一面黄色い菜の花が咲いていました。
南相馬へ応援メッセージ


福島南相馬、原町商工会議所に、

さだまさしさん・桂文枝(桂三枝)さん・アツシさん・
鎌田實さん・日野皓正さん

の応援メッセージが飾られてありました。
ハンガリーのお話に聞き入る子供たち

晃一先生が、4月にハンガリー視察に行った時のお話をしました。
ハンガリー視察の様子がNHKで放送されるように、
みんなで祈ってくれています。


プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR