FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
なぎさちゃんのおみくじ/クリスマス
09%E3%83%BB12%E3%83%BB8%E7%94%B0%E4%B8%AD%E3%81%AA%E3%81%8E%E3%81%95%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%932%281%29.JPG

なぎさちゃんのメッセージ
右には
そろばんのせんせいへ。なぎさより。
ファイルがあったらファイルにしまっておくこと。
ファイルがなかったらだいじにすること。
左に
ヨット入れを作ってくれています。

ヨットがうごかせます。


なぎさちゃんのおみくじ/小吉・中吉・大吉
09%E3%83%BB12%E3%83%BB8%E7%94%B0%E4%B8%AD%E3%81%AA%E3%81%8E%E3%81%95%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%934%281%29.JPG
おみくじ
小吉 
きょうはざんねんなひかも  ざんねんかも… ざんねんなかおの絵


中吉
ハッピーかざんねんかわからない、そのかわりはやくねる


大吉
いちにちハッピーになれそう!ごはんもいつもより…おいしいかも
せんせいとなぎさちゃんのえがおいっぱいの絵



なぎさちゃんのおみくじ/何がでるかな?
09%E3%83%BB12%E3%83%BB8%E7%94%B0%E4%B8%AD%E3%81%AA%E3%81%8E%E3%81%95%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%933%281%29.JPG
幼稚園のなぎさちゃんが作ってくれたおみくじ。



(ブログ絵本)海とヨットとおみくじ
09%E3%83%BB12%E3%83%BB%EF%BC%98%E7%94%B0%E4%B8%AD%E3%81%AA%E3%81%8E%E3%81%95%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%931%281%29.JPG

なぎさちゃんは、そろばん教室のキラキラぼしぐみです。
12月になって、キラキラぼしぐみのほしせんせいがいいました。
「ことしも、もう12月になりました。
ことし、みんながうれしかったことやたのしかったこと、どんなことがあったかな。
そして、もうすぐお正月ですね。みんなの来年のゆめはどんなのかな。おしえてね」


なぎさちゃんはかんがえました。
「ウ~ン、ことしねえ、ことしなにがあったかなあ??ウ~ン」
いえにかえってからも
「ウ~ン、ことしねえなにがあったかな??ウ~ン」と
かんがえていました。


「そいでもさあ、ほしせんせいは、『もうすぐお正月』っていったけど、
もうすぐ、クリスマスだよねえ」
と、なぎさちゃんはブツブツ言いながら考えていました。
「クリスマス!?そうだよねクリスマスだ。クリスマスにはサンタさんがくるんだ」
そう、思ったしゅんかん、
なぎさちゃんの周りが、くら~くなりました。


くら~くなったお部屋に大きなクリスマスツリーがキラキラ光っていました。
クリスマスツリーの木の下は青い海がひろがっています。
青い海の中では、魚達が泳いでいます。
なぎさちゃんはお母さんとお買い物に行くのが大好きです。
お母さんといっしょに行った魚屋さんで、魚は何度も見たことがあります。


でも、海の中の魚達は、
青い色をしていたり、赤い色をしていたり、
なぎさちゃんが、見たことのない魚達が
ス~イ、ス~イと楽しそうに泳いでいます。



お空には真っ赤な太陽さんが笑っています。
海の上では黄色いヨットが、魚達と遊びながら、
ス~イ、ス~イと進んでいます。

                   

なぎさちゃんが振り向くと、
向こうのほうで、大好きな花火が上がっています。
でも、パア~ンという音も、
ドドド~ンという音も聞こえません。
なぎさちゃんは、大きな絵のような花火をジイーッと見ていました。



すると、音もしないのに雷が光り、大雨になりました。
雨がやむと、花火はきれいなお花になり、
赤や・黄色や・ピンクや水色の
お花でいっぱいになって、
なぎさちゃんの周りを、
ちょうちょやきれいな色の鳥がとんでいます。


なぎさちゃんは、なんだか嬉しくなってニコニコしながら、
ちょうちょや鳥の飛んで行くほうこうを見ていました。


遠くに飛んでいく青や赤や黄色のきれいな色の
ちょうちょや鳥はだんだんと白い色になり、
やがて、それは柔らかな白い小さな粒となって
空からキラキラキラキラと輝きながら降ってきて、


クリスマスツリーを白くかざりました。


そうだ、
幼稚園から遠足ですいぞくっかんに行ったんだ。
お父さんといっしょに、マンションの屋上で
花火を見たんだ。

お姉ちゃんもお母さんもみんなで、
お花畑にも行ったんだ。
なぎさちゃんは、いろんなことを思い出しました。
思い出したしゅんかん、
なぎさちゃんの周りはパアッと明るくなり、



「なぎさ、おはよう!」と言いながら
お父さんとお母さんとお姉ちゃんが笑っていました。



なぎさちゃんは、ほし先生に話すことがいっぱい出来て、
嬉しくてしかたありません。
で、また考えました。

「らいねんのもくひょうね。らいねんのもくひょうか、ウ~~ン??」
「ア!!ミツケタア!!キラキラぼしくみでほしせんせいにはなそう、っと」



なぎさちゃんは、おみくじも作りました。
小吉・中吉・大吉
ほしせんせいの来年もよくなるように、



                   折り紙:なぎさちゃん





光りのアート?
P1000145%281%29%281%29.JPG


光りのアート?
P1000141%281%29%281%29.JPG


光りのアート?
P1000142%281%29%281%29.JPG


光りのアート?
P1000140%281%29.JPG


名古屋駅のイルミネーション
壮大な、光りのアート
楽しんでください。

壮大な光りのアート
名古屋での英語珠算競技大会での帰り道、


錦織り成す秋の景色が鮮やかな光りを放って、
私達の目の前に現れました。


一瞬、私は、宇宙(そら)をゆっくりと歩いているような、
感覚を覚えました。

宇宙を架けるオーロラの橋の上で、


秋から冬へ
冬から春へ
春から夏へ

折々に変化する
地球の季節を


宇宙の人が、
蒼い宇宙をキャンパスに、
何百・何億という小さな星々を集めて描いたような、
星々の絵は、


美しさを超えた、
壮大な光りのアートとなって、
蒼い宇宙に繰り広げられていました。




JRセントラルタワーズ タワーズライツ2009
住所:名古屋市中村区名駅JRセントラルタワーズ
TEL:052-586-7999
アクセス:JR・名鉄・近鉄・地下鉄名古屋駅からすぐ
日時:2010年1月6日(水)までの毎日点灯 17:00~22:30


早朝練習
明日は、「あされん」なので、
明日に向けて、今日は早く寝ます。
おやすみ
みんなも早起きしてね。

神戸の叶珠算会 第17回あんチャン(教場大会)ベスト10
順位  名前     学年  乗算 除算 見取算 合計
1位  みさきちゃん  中2   85    95    45     225
2位  はるかちゃん  中2   79    86    36     201
3位  えみちゃん   小6   79   83    36     198
4位  まゆちゃん   小6   79    75    38     192
5位  あかねちゃん  小6   77    80    35     192
6位  りょうたくん   小5   82    70    33     185
7位  まさとくん    小4   71    69    33     173
8位  ひかりちゃん   小5   75    68    30     173
9位  ひろかずくん   小4   62   76    21     159
10位  すみかちゃん  小6  64    58    23    145













2009年  英語珠算競技大会
朝、雨の神戸から新幹線に乗り名古屋へ
英語読上競技大会は、大原簿記専門学校において、
名古屋はじめ愛知・岐阜・大阪・滋賀・静岡・三重・徳島‥からの選手が参加し、
開催されました。
先ず、大会会長の黒川譲二先生から、ご挨拶があり、
10月に行われた全日本通信珠算競技大会小4以下の部で優勝した、赤堀愛果さん。
8月に行われた、全日本珠算選手権大会での都道府県大会で愛知県が優勝し、
その、メンバーの一人も参加、
8月にハワイで行われた競技大会で優勝した、尾澤康弘選手も参加されている。
とのことで、ハイレベルな競技になることが想像できました。

竹島珠算簿記学校の服部克彦選手の宣誓後、
英語読上算が行われ、
決勝では7・8桁の英語読上算も小学生・中高生・一般の部とも正解者が多く、6桁~10桁・7桁~11桁と決勝戦が繰り返され優勝・準優勝・3位他が決まりました。
総合競技は乗算・除算・見取算は小学生は5分、中学・一般は3分30秒で行われましたが、暗算で計算する選手もいました。
フラッシュ暗算競技では、
2桁5口3秒から始まり、3桁12口2秒と進み優勝・2位を決めるにも、同時に両選手が正解・同時に両選手が不正解ということが繰り返され、3桁15口2,5秒・3桁15口2,3秒と進み、やっと結果が付くほどの白熱した戦いが行われました。


表彰式後、黒川先生から私に、「最後の講評を言ってください」と声をかけられ、
あまりの突然のことで何をどう言ったら良いかも考えが付かず。
壇上では、本大会に参加され、珠算技能だけでなく礼儀正しい行動、
素晴らしい競技を見せてくださった選手の方々へお礼の言葉を述べさせていただきました。


本大会で獲得した金・銀・銅のメダルを、家に帰ったら自分の胸に下げてください。
そして、銅メダルの人は銀へ・銀メダルの人は金へ・金メダルの人はさらに上達を目指し、オリンピックならむ自らのソロリンピックを目標に、毎日少しずつ練習を積んでください。
ある時は歩みが止まる時、もう辞めたいと思う時もあるでしょう。
その時こそ、忍耐の力を・我慢する力を、そろばんの神様が付けてくださっている時で、
忍耐・我慢できたみんなに、そろばんの力も養われていくことでしょう。

選手の皆さんに感動・感激を頂き、感謝の思いで帰路に着きました。
ありがとうございました。




嬉しかったコト
準初段ごうかくした。

二段めざしてたけどムリやった。


でも準初段、合格してよかった。

もう全珠連はできないけど、日商でもっと×2

全珠連の分も がんばる


あんざんは六段にはおよばず、五段でストップ。

あと一問(みとり)すっごくくやしい。

でも、このくやしさを、日商にぶつけてやりぬく。


来年は日商 2段!!


えみちゃん

みんなをまとめてくれるこうた君
授業の始まりのあいさつも、
終わりのあいさつも、

こうた君は率先して、

「ハイ!!」と元気な声で手を高く挙げて

「キリツ!」と大きな声で言ってくれます。

こうた君の「キリツ!」は、

みんなの姿をきちんと見てくれていて、

みんながきれいな姿勢で「キリツ」をしていなければ、

「よろしくお願いします」

が始まりません。

終わりの
「ありがとうございました」も発しません。

こうた君のあいさつは、
「みんなをまとめてくれる」
魔法の言葉。


こうた君のしっかりとした「キリツ、よろしくお願いします」の言葉で、
みんなの気持ちが引き締まります。


押し付けでなく母の愛
大きな瞳をキラキラと輝かせ、


おっとりした感じは=落ち着きの証拠


初めての問題もどんどんと挑戦する意欲を持っています。


自分自身で挑戦して初めてするから、


間違いが多いときもありますが、


先生が教えると、また、自分自身で解こうと努力し挑戦してくれます。


その、努力・挑戦が、Aちゃんには楽しみでもあるように、


「先生が教えてくれた時に出来る喜びより、


私が自分自身で解いて出来た時の方が、


何倍も何倍も嬉しいんだもの」


とでも言うように、


キラキラと瞳を輝かせ、柔らかなエガオをたたえて練習するすがたに、


お母さんの、押し付けではない、大きな愛情が感じられます。








やまと君のきれいな言葉
「たろう君・やまと君のあったか心」
のその日、
教室では「あんチャン」の練習日でした。

かけ暗算・わり暗算を終え、見取暗算をする前に、
やまと君が、
「先生、どうしても今、トイレに行きたいです」
と先生に伝えました。
「じゃあ、すぐ行っておいで」
と酒井先生は言って、
やまと君がトイレから帰ってくるまで、ほんの何分かの間、
他の子達は指練習をしていました。

トイレから帰ってきたやまと君に、
「み~んなが(見取暗算をするのを)待ってくれてたんよ」
と伝えると、


「『みんな、待っていてくれて、どうもありがとうございました。』と、
キリッツと姿勢を整え、丁寧な言葉使いで、
一言一言はっきりと言ってくれたんです。
なんか、やまと君がこんなに素敵な言葉で言い方で、
みんなにお礼の言葉を言ってくれるなんて、
やまとくんが、こんなに成長したんだ!!と思ったら、
なんかここが(胸)がキュ~ンと熱くなって…」


嬉しさと感動で、言葉が詰まりながらも、
涙の粒がその目から溢れながらも、
ニコニコ、ニコニコ、ニコニコ、ニコニコ、ニコニコ

酒井先生の表情は
笑顔でくしゃくしゃでした。


やまと君・たろう君
みん~なを幸せ気分にしてくれて、
どうもありがとうございました。




みくうちゃんのそろばんの夢
先生の服をちょっと指先でつまんで


「せんせえ、せんせえ、ここの教室たのしい。きびしいけど楽しい。
せんせえ、土曜練習行くからね。土曜練習たのしい。朝練もいきた~い。」


と、数ヶ月前、瞳をかがやせ、ニコニコしながら
言ってくれたのを思い出します。


遠くから電車を乗り継いで来てくれる。
みくうちゃんのそろばんが楽しくいと思ってくれる心が、


「ソロバンの自分のゆめは、
10だんや1きゅうになることです。
6きゅうをそつぎょうして5きゅう。
5きゅうそつぎょうして、
だんだん少しずつ、上がったらいいなと思いました。」


の言葉につまっています。


朝練はみくうちゃんは遠くて、参加するのは無理だけど
その思いで、ちょっと早起きして練習してね。



やまとくん・たろうくん兄弟のあったか心
昨日は、教室での試験発表の日でした。
たろうくん・やまとくん
二人ともの合格を酒井先生が発表すると、
たろうくんが、
酒井先生のところへそっと近づき、
そおっと
「先生、今日はお母さんと話したらあかんで」
と言いました。
「あれ、どうして?」   
と酒井先生が聞くと
先生、合格のこと言わんといて、家に帰ってからみんなでご飯食べるときに、
お母さんに話するから
。」と。

酒井先生は、送迎してくださっているお母さんと、ときどき話をします。
やまとくんはお母さんと話している酒井先生の姿を見ていて、
「今日は、きっと帰りの時に、酒井先生がお母さんに、僕たちの合格のことを話すだろう」
と思ったのでしょう。
「こんな嬉しいことは、自分からお母さんに報告して、この喜びを2倍にも3倍にもして、
お母さんに伝えたい」と思ったに違いない。
「お母さんが作ってくれる食事を囲みながら、お母さんに合格の報告をする、
その家庭団欒の様子が目に浮かび、やまと君やたろう君の優しさが伝わってきて
、もうすご~く,すご~く嬉しかったです」
そう話す酒井先生の目から、光る粒が流れていました。





アバカスサーキット全国小2ベスト80
アバカスサーキット127戦で、


ちひろくん(小学2年生)が全国75位に入りました。


おめでとうございます!!


・・・すばらしいですね・・・




プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR