FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
背筋が伸びて
この子の明るさ、笑顔は緊張する競技会も、楽しくて仕方ないような感じにしてくれます。背筋をピッと伸ばし弾く指・動く指先が真剣さを伝えてくれました。さえこ



落ち着いて対処
選手番号を間違えて、座ってしまいましたが、慌ても、心配もせず、荷物を持ち抱えて、自分の席に座り。その後文鎮を間違えた席に置き忘れましたが、「先生、文鎮を向こうの席においてきてしまった、取ってきてください」と自身で落ち着いて対処してくれました。こんなハプニングにもこの落ち着いた対処は小2年とは思えません。さえこ



緊張していても落ち着いて
いつも、おっとりし落ち着いています。ほんの少し赤く染まった頬、目の表情で、少し緊張しているのが伺えます。でも、落ち着いているのがこの子らしいです。さえこ



初めての競技会
お母さんが大好きで、まだまだ甘えたさんですが、「競技会に出てみたい」と意欲が出てきました。「やっと、『競技会に出るって』言ってくれました。」と、伝えてくださったお母さんの表情が輝いていました。さえこ



凄い度胸
幼稚園さんで競技会参加。まだ、かけ算の九九がしっかり覚えていません。席に座り、準備をして「せんせい、かけ算の九九わすれたわ。」と、慌ても動じもしません。
休憩の時には、「ここまで、どないしてきたん、自転車できたん。」とか回りの大人の方と会話をしていました。席近くの皆様に色々と御世話になり、ありがとうございました。さえこ



正々堂々とした態度
低学年の部、団体二位の盾を手にして、みんなの応援の声がしました。
しばらく、迷いやとまどいで、練習に身が入らないときがありました。だからこそでしょうか、以前にも増してドッシリと落ち着いた感がします。点数が下がっても、採点の間違いを知らせてくれた正直さ、正々堂々とした態度が、とってもとっても嬉しかったです。さえこ



真剣度ピカ一
教室においても、その集中する態度、真剣度はピカ一。
高学年、団体三位(本当は二位でした)の盾を代表で頂き、その表情が少し和らぎました。
どんな時も今、何をすべきかをきちんとわきまえています。、さえこ



神戸東地区小学生珠算競技大会
みんなよく頑張りました。




1122=いい夫婦
11(いい)、22(ふうふ)で11月22日は、「いい夫婦の日」
4月22日も「いい夫婦の日」

どのご夫婦にとっても、人生は「山あり谷あり」
晴れの日も、曇りの日も、風雨吹き荒れる嵐の日も。
本当に色々なことが起こります。
でも、夫婦力を合わせ上手に乗り切って、人生の道を歩んでいます。

お互いを思いやっているのに、
普段は、そんな言葉をちょっぴり照れくさくて言えない。

でも、せっかくの「いい夫婦の日」
ゆっくりと、語り合って見てください。
子どものこと、将来のこと、

また、一つご夫婦にとってスペシャルなことが、
見つかるかもしれません。

ちなみに、11月23日は「良い兄さんの日」です。
さえこ


歓迎会
新しいスタッフが入り、先週、叶珠算会のみんなと『歓迎会』という名を借りて食事に行きました。
場所は以前にも紹介しました【同源】。
新しいスタッフ谷本さんにとっては、ゆっくりと叶珠算会のみんなと会うのは初めてですが、
「皆さんのお母さんと同じぐらいですので、お母さんと思ってよろしくお願いしますね。」と、
明るいお人柄で・ざっくばらんな語りで、食事の始まりから、とても嬉しい空間にかわりました。


キノコスープ・蟹あんかけチャーハン・マーボー豆腐・チャーシュー・激辛と超激辛の麻辣湯面等、テーブル に運ばれてきた料理と飲み物。

さー、食べましょう!みんなAre you ready?と言うことで、
お腹もすいていたこともあってどんどん食べました。

家庭においても、美味しい料理の隠し味は、お母さん(時には、お祖母さん・お父さん)の愛情という調味料とみんなでワイワイ語りながら頂くこと。
それが、みんなの心を満たすことでしょう。
一品一品、洒落た器に盛られ、シェフの心と技が映え、中華であっても沖縄風であったり、何か違い、何か不思議な味で、目にも心にも残る料理でした。
『医食同源』・美味しい食事と楽しい会話が豊かな心と、健康な身体を作る事を実感する食事会でした。


素敵なスタッフの息吹で、叶珠算会に新しい風が吹いてきました。
さえこ



今日も一日元気で行きましょう、おじいちゃん
早朝に母の病院へ行く途中、前を行くおじいさんが、
家の前を掃除しているおばあさんに、歩みを止めず、
「おはようございます。今日も一日元気でいきましょう」と挨拶をされました。


おばあさんも掃除の手を止め、「おはようございます」と挨拶を返し、
ほんの少し、身体を傾けながら、スタスタスタと通り過ぎる、おじいさんの背中を見ながら、
「元気やなあ、ほんまに元気やなあ」と繰り返していました。
おじいさんは、左手で杖をつき、
コートから出た右手は、障害でか震えているのが見えました。
私は、近所の方との、いつもの朝の、ご挨拶だろうと思っていましたが、
おじいさんの、元気な明るい口調・やりとりが嬉しくて、
おじいさんに「おはようございます」と言いたくて、
歩幅を大きく、歩調を早めて、おじいさんに追いつき、
通り過ぎる際に「おはようございます」と言いました。


おじいさんのおばあさんへの元気な挨拶で、
私の挨拶の声も、元気な大きな声になっていました。すると、また、
「おはようございます。今日も一日元気でいきましょう。」と言って下さいました。
散歩の時、お会いする人に、この言葉をかけているのでしょう。
「今日も一日元気でいきましょう。」は、元気になるマジックですね。
この日、早朝から、幸せ気分にさせて頂きました。
さえこ


あかねちゃんの、キュートなおばあちゃんものまね
JR西日本の電車に乗ると、
電車案内でクイズ等がフラッシュ暗算のように映し出されます。
その中で、「おばあちゃんの知恵袋」と称して、
昔からのおばあちゃんの知恵を案内しています。
電車の天井近くで正座したキュートなアニメのおばあちゃんが映し出され、
その横に書かれた「おばあちゃんの知恵」を、


あかねちゃんは、競技会の時など、電車で移動する時に、


「植物が少し弱ってきたようなときにはのうぅ、なんもお金をかけなくてもいいのじゃよ。
コーヒーのかすや米のとぎ汁をやると、見違えるように元気になるんじゃよ。」


と、キュートなあかねばあちゃんになりきって演じてくれます。
キュートなあかねばあちゃんは、かわゆい笑顔を浮かべ、
そのお話は、ほんわかとした温かみがあって、
その口調は、何とも言えず、懐かしさが感じられ、
やさしい、贈り物をもらったような気分になります。
さえこ

甥の結婚式で
17日の土曜日
甥の結婚式に出席しました。


結婚式は息子夫婦が行ったのと同じ湊川神社で、神前式により、雅楽の生演奏で雅やかな厳かな雰囲気で執り行われました。 
母も、病院の先生のご配慮で、「様態が変化したら直ぐに病院に帰ること」を条件に、車いすで参加することが出来ました。


挙式は白無垢を着て神前式、そのあと場所を移して披露パーティーが和やかに行われ、
素敵な新郎・新婦でした。
二人の幸せそうな姿を母も静かに見つめ、ゆっくりゆっくりと二人へ
「良い方と一緒になれてよかったね、孫のGもとってもいい子ですよ…」と、孫の幸せを思う、お祝いの言葉を述べました。


新しい人生のスタートに立った若いお二人に、若い時、健康な時にお互いを思うことは勿論ですが、健康を害したとき、年齢を経て体力が低下した時や、万一身体に支障が生じた時。そんな時にこそ思いやりを持ち、いたわりの言葉を心からかけれることが出来るような、そんな夫婦になるように、時を重ねて欲しいと思います。そして、お互いの家族を大切にし交流が出来るような温かい家庭を気付いて欲しいとおもいます。


晩年に、それぞれに授かった人生が
「あなたのお陰で良い人生だった。」
「生きてて良かった、長生きはするものだ。」

と言える日々を送って下さい。
何より一番、パパ・ママの仲良し・幸せ姿が、
子どもの心を幸せ気分にさせることと思います。
さえこ

偉い人は、心根もお優しい
多田先生主宰のアバカスゼミナールに、参加を申し込んでいましたが、
母の様態が気になり、急遽キャンセルしてしまいました。

急遽キャンセルは、大変失礼なことで、
主宰してくださる多田先生・また、ゼミを行ってくださる「マエダ学園」前田先生の、
大変さ・ご苦労を思うと申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

多田先生のホームページを拝見し、
参加された先生方の満足・感動の表情が想像でき、
アバカスゼミナールの感動が胸がキュ~ンとなるほど伝わりました。

その、多田先生からアバカスゼミナールのビデオが、
分厚い資料と共に届きました。

また、前田先生からも大切な資料に、
母へのお見舞いのお手紙を添えて、送って下さました。

偉い人・凄い人は、心根もお優しいのですね。

お忙しい日々の中で、この様なお心配りを頂き、
偉大な先生方のお優しさに、温かさを感じ胸が熱くなる思いでした。
さえこ












すみかちゃんが描いてくれた似顔絵
すみかちゃんは、9月に7級の試験を合格し、
まだ、全く練習もしていないのに、
すぐに、次の暗算と珠算6級受験を決めました。

でも、教室では、サーキットがあって、
試験の練習が出来ません。


試験まで、もう、僅か半月しかないというところで、
6級の練習をはじめました。


その後のすみかちゃんの頑張りと努力の勢いは、
目を見張るばかりのものでした。


その結果、暗算5級満点合格、
珠算も、全く出来なかったわり算がいい点で合格。


結果発表の「合格」の言葉に、
すみかちゃんの瞳がウルウルとし、
その、瞳は宙を舞っているほどでした。

その喜びを、メッセージで伝えてくれました。
お手紙の裏には輿古田先生・本田先生・ゆたか先生・私の
似顔絵が描かれていました。


その似顔絵は、教室で指導している時の、
それぞれの先生の特長をよく捉えていて、
見ていて自然と笑みが浮かんでいました。
さえこ

ぬちどぅ宝(命こそ宝)
これは、去年私の孫が生まれた時に、
ありさちゃんから頂いた「お祝いメッセージ」への私の返事です。


ありさちゃん、すてきなお手紙ありがとう。
赤ちゃんが生まれるって、たくさんの人に幸福を運んで、
たくさんの人が笑顔になれますね。
ありさちゃんやももかちゃんが生まれる時も、
パパやママは、うれしくてドキドキしながら、
「いつ生まれてくるかな」
「だれに似ているかな」
と生まれてくるのを待ち望んでいたと思います。


そして、生まれた時は、パパやママだけでなく、
たくさんの人が大喜びしたにちがいありません。
パパやママは、ありさちゃん・ももかちゃのような
赤ちゃんが欲しいと思ったと思います。
だから、生まれたばかりのあなたを抱きしめ、
幸せいっぱいだったことでしょう。


ありさちゃん・ももかちゃんが、
初めて笑った日、寝返りをした日、
初めてパパ・ママと言った日、
立っちが出来た日、初めて歩いた日、
みんな、みんな、
これほど幸せなことはないと思ったことでしょう。

  
小さな小さな命が生まれるって、
こんなに大きな幸せを、
たくさんの人に運んでくれます。


沖縄にねえ「ぬちどぅ宝」って言葉があります。
 

「命こそ宝」  って意味です。


ありさちゃんの命、みんなの命大切にしようね。


こんな幸せを、ありさちゃんは先生にまで与えてくれました。
ありさちゃんのおかげで、先生とっても幸せです。
ありがとう。


明日がありさちゃんが、生まれた日ですね。
おたんじょうび、おめでとうございます。
さえこ

喜びを伝えてくれる、表情
「先生、せんせい!スーパーフラッシュ合格したよ」と少し小さな声で、でも、私のお腹に飛び込むように伝えてくれました。ニッコリとしたお顔、キリッと結んだ口元が喜びを伝えています。さえこ



ありさちゃんのお祝いメッセージ
叶先生へ

赤ちゃんはやく大きくなったらいいですね。
そろばんがんばります。
赤ちゃんと、ありさのたんじょうびは3日ちがいだね。
これからもよろしくおねがいします。
赤ちゃん生まれてよかったですね。
そろばん4きゅうのしけんも、がんばります。
先生がいたら、すごいたすかります。
先生のおかげで5きゅうまでうかりました。
ありさ
あせわにな☆り☆ます。
(☆はハートマークです。)

続きを読む
赤ちゃんが生まれたよ!!
数日前、みきこちゃんが、


「先生、もうすぐ赤ちゃんが生まれるんだよ。」と、
もう既に、感動した面持ちで、伝えてくれました。
金曜日の授業の時に、
「赤ちゃん生まれた?」と聞くと、
「うん、生まれたよ!男の子よ!!」と、
さらに、更に感動した面持ちで、


みきこちゃんのお顔もピッカピッカ、
目をキラキラさせて伝えてくれました。
小さな弟の誕生が嬉しくて仕方がない様子です。


おはなししたり、歌をうたってあげたりしてあげてね。
赤ちゃんは、おしゃべりが大好き。
手足を動かしたり、全身を使って表現してくれるよ。
さえこ

お見舞いの言葉
保護者の方、また子ども達まで、沢山の方々から、沢山の温かいお見舞いのお言葉、
そして応援の言葉やメッセージ・メール・ご心配いただき、本当にありがとうございます。

「先生のおかあさんが、一日も早く元気になるよう祈ってます。」
「がんばってね」
「少しずつでも回復されているとのこと、本当に何よりです。」
「お大事にしてください。」
「私の祖母も何度も復活しました。復活を祈っています。」
「元気になるように祈っています。」
「普通なら自分のことで精一杯なのに、苦労して人の痛みが分かる人でしょう。」
「先生のお母さんに、元気になってって伝えてね。」
「先生も気をつけてください」と私にまで、
「お父さんも疲れないようにしてください」と父にまで、


母は、その言葉の数々を胸に、病気に負けない気持ちで、
看護士さんやお医者様・リハビリの先生とも仲良く、おしゃべりをし、
リハビリにはげんでいます。


母の病気の中で、心房細動という病気があり、心房細動が起こると、除細動器を使用して、電気ショックを与えるしか方法がないとのことです。 脳梗塞や心房細動の合併症があるので、医師はワーファリンを服用するか、バイアスピリンを服用するとの説明でした。


薬の服用・リハビリを必要とはしていますが、皆様からの温かい励ましと、お見舞いの言葉で、母は一応元気は取り戻しつつあります。


人生いろんなことがありますね。
何歳になっても、みんなそれを乗り越えていかなくてはいけないんですね。
さえこ



プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR