FC2ブログ
いちばん星ブログ
神戸あんざんアカデミーの日常をお届けします。
今日の授業
11時30分現在兵庫県南部に警報が発令されています。

授業は通常通り行いますが、ご家庭で危険と判断されましたら無理せず違う日に振り替えてください。

なお本日検定の生徒は金曜日まで検定が受けられます。

本日休んだ場合
水道筋教室は木曜日に、
灘小前教室は金曜日に、
六甲教室は水曜日、木曜日、金曜日のいずれかで検定を行います。

これから風雨が激しくなることが予想されますので、授業に来るときはくれぐれもお気を付け下さい。
白髪
子供たちは色んな変化をよく見ています。
髪の毛を染めていたときは、
「先生、髪の毛そめてるでしょう。」
「髪の毛白いのが出てきてるよ。」

もう自然のままにしていようと、
黒から自然に変化するように、
美容院の人がマニキュアをしてくださった時は、
シャンプーするたびに髪色が変化していたようで、
「今日はピンクに染めたの。」
「また、紫に染めたでしょう。」と、
「ううん、美容院の人がマニキュアをしてくれて、
 シャンプーするたびに色が変わるんだって。」と説明しても、
「先生、嘘ついてる。マニキュアは爪にするのよ。」と、

今、真っ白になった髪をみて、子供たちが聞きます。
「先生、なんで髪の毛白いの?」
「雪が積もったまま溶けないの。」
「先生、髪の毛も色白なんや。」
「また、染めるの?」
「もう、染めないよ。」
「真っ白もかっこいいですよ。」ーワア嬉しい。

マニキュアをしていただいて、
日々変化していたらしい髪を見て、
今、真っ白になった髪を見て、
送迎のお母さんも
「先生、きれい」と、声をかけてくださり、
何か嬉しい気分です。

亡き母は美しい真っ白な白髪だったので、
私もそうだと思っていたのですが、
白髪の中に黒い髪があることに
白髪になって気付きました。
自然の変化に気付けることも、
子供たちや、お母様たちのかけて下さる言葉も
嬉しいですね。

メガネが壊れてしまった
昨日、眼鏡が壊れてしまいました。
授業中に桜の花が散るかのように、
右のフレームの耳に当てるところ(テンプル)が、
ヒラリと落ちました。
メガネ無しで指導していたら、
子供たちが私の顔を見て、
「あれ??何か変??」という顔。
小さな子は、
そうと「先生メガネどうしたの?」
中学生のたいが君は、はっきり大きな声で
「あれ?先生、今日はメガネしていませんね、
 メガネどうしたんですか?」
中学生のこうたくんは
「先生、メガネどうしたんすか?」

みんなの質問に、
「ほら、メガネのここが取れてしまったの。」と、
メガネを見せながらの指導でした。

ここに来てよかった
こうたくん

「落ち着いて、しっかりと練習しています。
間違ったところもきちんと嫌がらずにしてくれますから、
ほんとに素晴らしいですよ。」
送迎のお母さんに、練習の様子を伝えると、

「なかなか覚えられず、泣きそうになった時も有りました。
 でもねえ先生、間違いの一問を何度しても同じ答になって、
 それでも、ちょっと休憩して、また、その問題を繰り返して、
 答が合うまでやり直しているんです。
 ここまで、集中出来るなんて、
 ここ(神戸あんざんあかでみー)に来て良かった。
 ほんとうに、ここに来て良かったです。」
涙声のような言葉に、
「ここに来て良かった」
そう、思ってもらえる指導を心がけて行きたいと、
改めて思いました。


家では見られない変化
みさちゃんママ、
まだまだ小さくて
神戸あんざんアカデミーに入って間がないみさちゃん

「落ち着きがないでしょう?」
「きちんとしていますか?」
「3時間も座っていられなかったでしょう?」
と心配なようです。

「お友達にフラッシュ暗算をする時
 『トウメイそろばんをおくの!』」と教えてあげたこと。
そして、その時の様子。
よそ見もおしゃべりも無く黙々と練習をしてくれていたこと。

等々を伝えると、

「ええ!ホントですか、ほんとですか、ほんとおですか、
 そんなん、家では見られない変化が起こってますう。」
お母さんの様な・先生の様なみさちゃん
土曜練習の時、
神戸あんざんアカデミーに入ったばかりの1年生のはるきくん、
フラッシュ暗算の時に、
フラッシュの答を「3えんとか6えんとか」言いながら、
答を書き(入力)ます。
「それはね、とうめいそろばんをおいてから答を書いてね。」
と先生が言いますが、
直ぐに答を書こうとします。
すると、
入って数ヶ月の1年生のみさちゃん、
「あ!何かわすれてるよ(透明そろばんをおくのを)」
「あ!なんかわすれてる!」
「なんかわすれてるよう!!」
その言葉を繰り返し、ついに、
みさちゃんの手は、
はるきくんが答を書こうとする手を咄嗟にパッと押さえて、
「とうめいそろばん、おいて!
 とうめいそろばんおいてから、こたえかくの!!」
そして、はるきくん
「ああ、そういうことか」とニコニコ、


努力を楽しむみちかちゃん
みちかちゃんは自分に向き合い
自分を信じ自分の努力を楽しんでいます。

「みんな、この学年には、今年までに、
 何月までに、何級を合格しよう。
 何段を合格しよう。と決めてね。
 目標を決めて練習するのと、
 点数が取れるようになったら、
 試験を受けよう。と練習するのでは、
 心にも結果にも大きな差が出てくるからね。」

先生が、そう、みんなの前で言うと、
みちかちゃんが帰るときに
「先生、メモ用紙一枚だけでいいから下さい。」
と声をかけてくれました。
手渡してくれたメモには、みちかちゃんの目標が書かれていて、
「先生、私、そろばんはここで2つ(の級)合格して、
 暗算はここで2つ(の級)頑張るからね。」とにこやかな笑顔。
次の授業の時、そのメモ内容を綺麗に整えて書いてきてくれました。

6級のわり算で苦労したみちかちゃん、
6級わり算を克服すると、
「一人で出来るようになったら楽しいよ。」と、
友達に声をかけてくれるまでになっていました。
練習する表情も態度も嬉しさが現れています。

みちかちゃんは、自分で出来ることの喜びを知り、
自分を信じ、努力を楽しんでいます。

警報
現在神戸市に暴風、波浪警報が発令中です。

授業は通常通り行いますが、ご家庭で危険と判断されましたら無理せず違う日に振り替えてください。

よろしくお願いします。
バレンタインデー
大変遅くなりましたが、
バレンタインデーに生徒達から頂いたチョコです。
みんな、自作のとってもステキなチョコ。
食べるのがもったいないですが、
嬉しく美味しく頂きました。
convert_20120227161233中里・大川姉妹・油谷莉子チョコ convert_20120227161033宮本虹光チョコ P1010867_convert_20120227221716宮本怜奈チョコ P1010868_convert_20120227221529大川しおりチョコ

ありがとう。
スリランカでそろばん
いつも素直な気持ちで、
しっかりと先生の言う事をきいて、
一生懸命そろばんの練習をしてくださった、
たいち君
お父さんの転勤で引っ越すことになりました。
引っ越し先はスリランカ。

お母さんが、
「ここで
ずっとそろばんを続けたかったのですが残念です。
でも、『そろばんを持っていくように』と先生に言われたので」

と、ニコニコ嬉しそうな表情で話してくださいました。

「スリランカの学校でも授業でそろばんをしているんです。
ここで習ったそろばんを、スリランカに行っても出来るので嬉しいです。
〇年したらこの子も中学になりますが、
また、(日本に)帰って来ても、
またここ(神戸あんざんアカデミー)に帰ってきたいです。」

と話を続けてくださいました。

そろばんを学ぶ姿勢、素直で優しいたいち君は
神戸あんざんアカデミーでも、みんなのお手本でした。


たいち君とのお別れは寂しいですが、
私は、そろばんがスリランカでもされていること、
たいち君がそろばんを続けれること、
たいち君の素直さ、真剣な学ぶ姿勢は、きっと
スリランカの学校でもみんなのお手本になるだろうと、
お母さんのお話を伺いながら、嬉しい思いでした。





爽会
年の終わりに、
爽会(茶話会)を行いました。
神戸あんざんアカデミー(叶珠算会)
の卒業生も来てくださり、
結婚をして幸せいっぱいのHさん。
バイオリンを持って駆けつけてくれたT君。
Mさんも、Fさんも参加できませんでしたが、
コメントを伝えてくれました。
少しだけでもと、成長した姿を見せてくれたN君。
就職活動中の笑顔の素敵なIさん。
背丈がグーンと伸びたTさん。

初めに自己紹介後
生徒も卒業生も一緒に語り合ったり
フラッシュ暗算をしたり、
各教室の子供たちは、すぐに仲良くなり、
賑やかに元気に交流を深め、
子供たちはすご~く楽しそう。
私は、子供たちのパワーに圧倒され、
時が短く感じました。
それがお母さんの楽しみなの
授業が終わり、なおみちゃんはお母さんのお迎えを待っています。
お迎えにこられたお母さん
「なおみが待ってると思ったら、もう気持ちが走っています。」
朝も忙しいお母さんに、
「お母さん、お母さん朝、忙しいのになおみの髪ミツアミしてくれるでしょう。どうして?」
「それはね、それがお母さんの楽しみなの。」

「いっしょに、お料理つくってくれるでしょう。
 だけど、なおみ、人参切ったり、ピーマン切ったりするの
 お母さんよりずっと遅くて下手なのにお母さん待ってくれてるでしょ。」
「ううん、お母さんもね、子供の頃はもっと出来なかったのよ。
 なおみはお料理上手よ。これからもお母さんと一緒にしてたら、
 お母さんよりずーとズーット上手になるよ。」

私に語りかけてくださいます。
「外にね、食べに行ったらもっと美味しくて綺麗(盛りつけ)なもの
 いっぱいあると思いますけど、
 私は、家でなおみと一緒に作って、あまり綺麗でなくても、
 一緒に食べるのが楽しみなんです。
 大きくなったら一緒にできなくなる時がきますから、
 それまでは、色々な行事もお団子作ったり、おはぎ作ったり、
 お寿司作ったり、一緒にしていきたいんです。
 それがねえ先生、私の楽しみなんです。」

なおみちゃんの頭を撫でながら、
包む込むような、優しくゆっとりとおなみちゃんにかけられる言葉。
私に話しかけて下さる言葉は、
穏やかで・あったかくて・やさしい
ニュースレター(えみさん)
えみさんは幼稚園の時から神戸あんざんアカデミー(叶珠算会)で学んでいます。
先日、お母様とえみさんに当時からのことを振り返りながらお話を伺いました。
お母様やお母様の姉妹も子供の頃そろばんを習っており、
今でも、買い物の時などに自然とあんざんが出てくるので、
「そろばんがいい」というのは分かっていたのと、
何か自信をつけさせたいという気持ちで当教室へこられたそうです。
「趣味でするのだったら、あなたが働くようになって自分で(お月謝を)
 出せるようになってからしてください。
 親や人に支えられてしている以上、目標を持ってそれに向けて努力しなさい。」

ふんわりと穏やかな表情・物腰で言われるその言葉に、
えみさんの才能が伸びたのは、
お母様やご家族の理解と支えがあったからこそだと感じました。
お母様のバックアップのおかげで喜びや悔しさを覚え、乗り超えてこれたのでしょう。
私のこれまでの日々の中でも、
手首を骨折した時、教室の椅子や机を片付けてくださったり、
母が亡くなった時、命日の日、
本田晃一先生が大学を卒業し、社会に出る日、諸々
励まし応援のお声をかけてくださったり、花束を届けてくださったり、
その時々で寄せて下さるお心が、私の支えとなっていました。

えみさんの目標は、尾澤選手・堀田選手に追いつき追い越したい!
明日は検定試験日
明日は検定試験日。
毎日、一生懸命 練習に取り組んできた皆さん。
体調を整えて試験に臨み、練習の成果を発揮してくださいね。
お弁当も楽しみ
特別練習の日には、お母さんの作ってださったお弁当を持って来て、
みんなで一緒に食べるのも楽しみの一つです。
「今日はお父さんが作ってくれたんだよ。」と、
話す子も嬉しさで弾んでいます。
愛情いっぱいの
お弁当の中に、お母さんやお父さんのメッセージが入っていると、
「いつの間に、こんなんかいてくれたんやろ??」と
不思議そうで嬉しさいっぱい。

お弁当 稲木雄太郎・岡本俊太お弁当 お弁当 お弁当 
弁当 弁当 弁当 中里公美弁当 お弁当 弁当 弁当 ちたか弁当
ちなり弁当 愛海弁当 はる弁当 浦田さゆり弁当 朱瑞棋弁当 百花弁当 岡本俊太弁当  
生徒の言葉
Kちゃん

塾でどうしても時間が合わない。
勉強と両立は難しいかも。と、

「そろばんを辞めます。」と伝えてくれました。

Kちゃんの短い言葉には、
迷いに迷い、悩みに悩み、
その胸にまだすっきりしない気持ちが充満していることが伝わります。

その言葉を伝えて、寂しそうな悲しそうな表情で帰っていきました。

次の授業の時、
「先生、私、そろばん続けます!!」
その言葉は力強く、輝くような明るさです。


お母様が伝えてくださいました。
「そろばんが大好きで、そろばんを続けたいといいます。
 そろばんが大好きになったのも、
 そろばんが大好きだって言えるようになったのも、
 先生達のお蔭です。
今まで通り、よろしくお願いします。」

Kちゃんがそろばんを大好きになってくれたこと。
大好きなそろばんを続ける意思を持ってくれたこと。

そして、お母様の言葉・応援が嬉しかったです。



運動会
10月1日・2日と神戸あんざんアカデミーの生徒たちの
多くの学校で運動会がありました。
「先生、1日は私とこの運動会見に来て。」
「私は応援団で~す」
「私とこは2日」「僕は応援団長します。」
「僕とこも2日や。先生絶対僕とこきてや。」
どの子も、それぞれに声をかけてくれます。
うれしいお誘いに
「は~い、絶対見に行くからね!!!」と、
分身の術が使えれば、大きな声でみんなに約束するのですが…

宮本小学校3・4年生は紫の長い鉢巻をしての
沖縄エイサーダンスは力強くカッコいい。
1・2年生のかけっこや玉入れはとっても可愛い。
保護者の綱引きは、子供たちに負けじと迫力満点。

西灘小学校 フラフープの妙技は練習の成果ですね。
「私も小さい頃フラフープを回して遊ぶのが楽しかったなあ~」と
ちょっと昔を思い出していました。
1年生の玉入れは、玉一つで白が勝ち、
「わああ!惜しい、残念!!」と、
ここでも1点の差の重みを感じました。
組体操の最後に全員が集まって大きな人間ピラミッドが
作り上げられた時には、
大きな大きな拍手と
「わああ!!!すごい!!」と歓声が沸き起こっていました。
最後の最後まで接戦を繰り広げ赤8点白6点

両校とも、高学年の騎馬戦は迫力満点、女子が強いですね
選手が必死になって走るリレーでは、
私までヒヤヒヤドキドキ、そしてワクワクしながら、
必死で応援していました。
紅白の法被を着、長い鉢巻をして、
応援団長を中心に応援する姿も声も気合が入って
チームが一丸となっていました。

運動会は家族団欒の楽しい場面が見られます。
それぞれの家庭のご馳走を広げ、
おじいちゃんもおばあちゃんも一緒にご馳走をついばむのは、
おじいちゃん、おばあちゃん孝行の、
そして、おじいちゃん、おばあちゃんにとっても、
孫とみんなと一緒に食べ、過ごせるのは至福の時でしょう。
そこには、幸せな表情が広がっていました。

神戸あんざんアカデミーの卒業生にも会え、
高校や大学生活、就職決定のことを話してくれたり、
懐かしく、その成長ぶりに嬉しい思いでした。

教室でこの話をすると、
「来年は絶対僕とこ、私とこ来てよ。」と、
黄色い声が飛んでいました。

誰かあ、分身の術を教えて!!
朝日小学生新聞に
近所のSさんが、
「西灘小学校が朝日小学生新聞に載りました。」と、
朝日小学生新聞を持って来てくださいました。
教室で、そのことを伝えると、
「私の学校も載ったよ。」となぎさ小学校の子。
「私のところも載ったよ。」と宮本小学校の子、


そう、伝えてくれる子供たちの顔が目が
キラキラと輝いていました。
本日の授業
台風15号の影響で神戸は大雨です。

10時半現在、神戸には大雨・洪水警報が発令中です。

本日の水道筋教室・六甲教室・灘小前教室の授業は通常通り行いますが、

危険だと判断しましたら、決して無理はなさらず別の日に振り替えてください。

なお本日検定試験の生徒は明日(水曜日)、明後日(木曜日)にも検定を行います。

くれぐれもお気を付けください。
幸せの赤いバラ
P1010456_convert_20110915235348中空さんから還暦祝花
P1010454_convert_20110915005647中空さんから還暦祝
P1010461_convert_20110915005500中空さんから還暦祝
還暦と言うことには全く実感がなく、
日々新しい時、日々の様々な思いと出会い、
夜空に輝くお月様・星に祈り、
グラデション織なす夜明けの空の美しさに、
六甲の山々の四季折々の変化に、
子供たち(生徒)や保護者の方に
助けられ、癒され、励まされ
21900日超を通ってきたにすぎません。
それでも思わぬ祝福を受け感激・感動。

「これ私が作ったんです。先生おめでとうございます」と、
メッセージカードに可愛らしいお花のカップを添えて
手渡して下さいました。

お母様と共にともきくん、あきとくんまでメッセージを寄せてくださり、
ともきくん
「かんれきれきおめでとうございます。
 これからも体に気を付けて元気でそろばん教えてください。」
神戸アカデミーを卒業した、あきとくんは、
「お久しぶりです。受験勉強や部活にとても忙しいですが、
 そろばんで養った力が役立っています。
 いつか顔を出しに行きたいと思っています。」
お母様からの言葉は私がお返しいたします。
「そろばんを通して、お知り合いになれましたこと、
 本当に感謝です。」


その日、あきとくんが教室に顔をだしてくれ
「おめでとうございます」と、
直に言葉をかけてくれると、
私の心にジ‐ンと電気が走りました。
身に余る言葉、心に照れくさいやら、有難いやら驚くやら。
素晴らしい出会いに感謝の思いと共に、
皆さんのこれからに幸多かれと願ってやみません。
有難うございました。


プロフィール

神戸あんざんアカデミー

Author:神戸あんざんアカデミー



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR